微笑むスーツ姿の男性

被害と実態

ファイルを抱える女性

増える被害、その実態

自然界の生き物と人間との共存が理想とされる一方で、人間の生活が動物によって害を受けることがあります。例えば環境破壊により住むところを失った動物によるもの。ペットとして外国から持ち込まれた後、捨てられ野生化した動物によるもの。原因は様々ですが近年その被害件数は増加しています。多くは農作物を食べたりゴミをあさったりと、人間の生活域に入り込んでいます。アライグマやイノシシなどの凶暴な習性により、人を死に至らしめるケースもありました。イタチやハクビシン、ヘビなどは民家に住みついて、人間のみならずペットや家畜にまで害を与えます。また哺乳類だけでなく、ハトやカラス等の鳥類による害も出ています。民家に巣を作ることで糞害を招いたり、鳴き声により騒音が続くことは深刻な問題となっています。いずれも早急な害獣駆除が必要とされています。

害獣駆除をお願いするなら

最近では害獣駆除のための道具が売られています。しかし害獣個々の習性をよく分かっていない一般の人が、駆除を完璧にするのは難しいものです。また襲われてケガをすることもあり危険です。やはり害獣駆除は専門機関に依頼するほうがよいでしょう。自治体で対応する所もありますが、最近では各害獣に関して専門性の高い業者が増えてきました。そのような所へ電話で相談すれば、担当者が現場に来てくれます。そして被害の状況を確認して、駆除にかかる費用を見積もりしてくれます。この時に担当者としっかりコミュニケーションをとった上で契約することが大切です。その後プロの技術で安全に駆除作業を行います。駆除完了後に被害が再発していないかどうかの確認をするなど、アフターサービスが整っている業者もあります。害獣駆除は確かな技術の専門機関へ依頼し、安心出来る生活を取り戻しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加